【太陽光発電システム】コントローラーの改造


どうしても行いたいのが、コンデンサーを国産にものに替えること。amazonのレビューを読むと、中華製の電子機器は結構な割合でコンデンサーがパンクしています。特にバイク用の部品で顕著です。本によると、電圧に対する余裕がほとんどないそうです。

電気関係ですから、安全に関しては余裕を取りたいです。

他に必要となる部品と一緒に電子部品のショップで手に入れました。

途中過程は全てすっ飛ばして、あっという間に出来上がり。必要なものはコンデンサー、ハンダ、ハンダこて、φ1.0のドリルとピンバイスまたはタミヤの電動ハンディドリル(無茶便利)。タミヤの電動ハンディドリルはミニ四駆のモーターに交換してパワーアップしています。コンデンサーを取り外しても穴がハンダで埋まったままになっていることがあるので、ハンダを取り除くために穴を開けるのです。ピンバイスでも出来ますが、手首が痛くなるかも知れません。

基板の裏に定電圧レギュレーターかなにかが3つ付いていて、厚めのテープらしきモノで固定されています。おそらく熱を持つと思うので、放熱用のグリスをぬってから元通り組み立てました。