【スーパーカブ】スーパーカブ90(HA02)がやってきました

2019/05/17 紺色のパワフルな漢

スーパーカブ90がうちの子になりました。二十世紀に生まれ、すでに成人式を済ませたカブがご縁合ってうちにやって来ました。

すっごく不思議な子で、マフラー新品、レッグシールド(上の写真で言うと白っぽいクリーム色のおっきな部品)も新品、左手のスイッチも新品、タイヤも新品、ホイールも新品という中古車なんです。

2019 05 17 17 20 30

これで本体価格9万円だなんて、安すぎる・・・

買ったときに16130キロ、ひょっとしたら十万キロオーバーの個体かも知れませんが、そんなことは気にしません。日常の足として使えればいいのです。

梨地のショックアブソーバはなんだろう。乗り心地改善のため、そのうち社外品に交換することは決まりです。

左側のコントロールは新品ですが

右側は年期相応です。

2019 05 17 18 09 31

エンジンもそれなり。

早速ワコーズのエンジン内部洗浄剤をチョコッとぶっ込んでおきます。


どうしてもやらなければいけないのは、高齢者の運転する原付や軽4と同じ道路を走るので、それなりにグレードアップしないといけないこと。ランプ、ホーンなどノーマルのままでは怖くて乗れません。

じーさんばーさんの運転する原付は50ccの原付でも合法的に追い抜きが出来ます。そして右折帯からの右折すら出来ない人もいます。軽4は走る道路交通法、運転している高齢者が交通ルールどころか規則まで決めています。軽4がプリウスだったら、忖度してちょうだいませ。

【スーパーカブ】インターネットの是非(スーパーカブの話)

記事を鵜呑みにしないように

カブのメンテナンスに役立つのはインターネット。

ところがいちばん困るのが年式が記事のどこにも書いていないこと。

年式の読み方はこちらのサイトが参考になるよ。

おいらのスーパーカブ、このサイトで調べてみるとかなり珍車のようで、70ccでいわゆる、でかドラムというブレーキが強化されたモデル。これがわずか1年ほど生産された70cc最初のでかドラムで、70ccそのものの最後のモデル。

(ここには98年式と書かれていますが、実車は99年式の表記。たぶん98年12月半ばからの販売なので、99年式と表記したものと考えています。)

長く作られてきたスーパーカブで特定の年式についての記事を探し出すのは困難です。だから自分の乗っているモデルに合う記事を見抜けるかどうかが大切。

パーツも同じです。スーパーカブ70ccに適応とあっても対応しないパーツはいくらでもありそう。ドラムブレーキの径が異なるため、ブレーキシューは使えると書いてあってもたぶんダメなんでしょう。こういう時には純正品が○。

【スーパーカブ】洗車する道具を手に入れた

綺麗に走ろう

おかいもの

今となっては小さめのホームセンターへ行ってきました。大きいところと違って空いているのがいい。静かでいい。
クリーム状のワックスは売っていなかったけど、ハンドスプレータイプのワックスがあったのでカゴの中へ。
レインXはウインドシールドと灯火類のコーティングに使います。レインXは手で塗るといいそうです。
サビ落としのケミカルとワイヤブラシも一緒に買ってきました。

晴れたら洗車だ。

2019/06/04:一部修正

【スーパーカブ】ボルトをステンレス製のものに取り替える

これ以上錆びさせないために

フロントキャリアのボルトを交換しました。ホームセンターでステンレス製のものを買ってきました。ユニクロメッキは安いんだけど、海が近いので錆び防止のためにステンレス製で。

ホームセンターの駐輪場で車載工具を使ってボルトを外し、現物あわせでものを選んで、速攻レジのおばちゃんの元へ進むのだ。

交換前

M6x15のスレンレス製ボルトを一袋。近所にボルトやネジをバラで売っているホームセンターもあるけど、そちらへいくと意味もなく店内をぶらつくので、いつ帰れるかわからないのです。

交換後

おお、美しくなった。ステンレス製にすると多少重たくなりますが、それは乗る人がダイエットすることでカバーする。


しばらくの間、錆びている部品を交換することを中心にしてカブをいじっていくつもり。錆びたボルトをスパナでなめてしまったら、かなりの手間をかけてネジを外すことになりそうです。六角レンチで外すようなところだったら、その面倒さ考えたくない。

時間と手間がかかるようになる前に手を打っていこうかと。


【9/6追記】誤字修正

【スーパーカブ】KTCの工具箱にウレタンのシールを貼る

これで取っ手を持って運んでもだいじょうぶ

KTCコンビネーションレンチを買いました。立派なケースに入っているので、ケースを捨ててしまうのはもったいない。それに合わせた工具箱にしまおう。

きれいに収まったので、いざ取っ手を持って見たら、ガシャガシャとあまり聞きたくない音。

工具と工具箱の隙間があって、せっかくケースに入れ片付けた工具たちもそこからガシャガシャと崩れてしまうみたいです。

位置を決める

で、ホームセンターで両面テープで貼り付けることができるウレタンのテープ買ってきました。ウレタンの反発力でまっすぐ切ることができなかったので、長さは現物あわせにしました。多少曲がっていても見えるところではないので、気にしません。

ウレタン

約1センチのウレタンのテープを一部二重に貼ると、金属と金属のぶつかり合う音が消えました。

位置を決める
これで快適。

【スーパーカブ】トルクレンチ二つめ

守備範囲が違うので

トルクレンチが二つあります。最初に買ったトルクレンチだと規定のトルクが計測できないことがわかりました。

というわけで、ポチッとな。

素人の整備なので、何があっても全部自己責任。逃げられる所は道具で逃げまくります。だって、命に関わることだから。

【スーパーカブ】プラグ交換したよ

ちょっとでも快適に走りたいので、プラグを交換しました。デンソーイリジウムIXプラグ。

プラグ

スレッドコンパウンドを塗り塗りして、規定のトルクで取り付けて出来上がり。しかし、かなり前にプラグコードを交換していたのをすっかり忘れていて、アダプターが必要なのでした。予定より一週間遅れのプラグ交換。

ターミナルナット

先っぽについた銀色の部品がそれ。ターミナルナットという部品です。

プラグを交換したら、アイドルが安定しました。そしてエンジンも元気になったかな。

交換したプラグ

ピンボケだけど、交換したプラグです。熱価6のプラグでしたが、先っぽが真っ黒。次は熱価を一つ下げてみよう。(この後、キャブのセッティングが原因と判明しました。)

2019/06/04:写真のリンク切れなどを修正

【スーパーカブ】お外でご飯

メシツーの記録

ここ半年から1年で、外食の値段が上がったような気がしませんか?それか、大きさが小さくなっている。

飲食店従業員の給料あげるなら、量を減らすか、値段を上げるからどちらかだよね。

あと、生産地がどこなのかわからないのも気にかかる。特にご飯が、海外産と言うのはパスしたい。

お昼ご飯、道具持って自分で作った方が、安くてあったかくておいしくないかい?

コンビニ弁当が食べられないわたしには切実な問題なのです。

道具一式

カブのキャリアに、カセットコンロとアウトドア用の調理器具とか色とかを詰め込んで出発。包丁は近所の市(いち)で買った鋼の包丁。

飯ごうでご飯が炊けたよ。

おかず

炊けたら炒め物。

調味料です

調味料も忘れずに。

小さいなべのふたで炒め物

これはスキレット持ってきた方がよかった。

焼きそばとごはんイベントで売っていた300円の特盛り焼きそばと一緒にいただきます(炭水化物の取り過ぎ)。

こんろ

ちっちゃなコンロ、火加減は音が頼りです。時間短縮のために2つ持って行くのもありかな?

やっぱりご飯がおいしいのがいいなー。