-->

【スバルサンバー】2022/3/27 :エアコンフィルター取り付け

これが一式。中身はあっさりしたモノです。取扱説明書があれば取り付けは可能です。でもブログのネタにする。モノはAmazonで購入。

サンバーいじるときはT型ハンドル必須です。結構奥まったところにねじやボルトがあるんだな。

まずはボルトを外します。ボルトの場所は説明書や他のブログ読んでね。

外気導入ー内気循環のワイヤーを外します。ワイヤーの受けと、ワイヤーが付くわっかの2カ所。

手前にこじるようにして外します。

外れた。

カッターでふたの部分を切るよ。素材が厚いと予想してプラスチックの板を切る用のPカッターを用意したけど、普通のカッターで充分だった。オルファのカッターなら「特専黒刃」の替え刃がお勧め。よく切れる!

手や指を切らないようにしてね!

あっさり切れました。あまりにも汚いので、マジックリンで綺麗にします。スポンジの部分があるから、乾くまでに時間がかかります。結局ペーパーウエスに水を吸い取らせました。

乾いてから、金具を取り付けて、再びセット。ふたの金具はくるんと丸まった方が新しく取り付けるふたの方になります。

元通りセットして、外気導入ー内気循環のレバーが上手く動くかチェック。

ワイヤーですが、ワイヤーの受けがストッパーに当たるように取り付けると、外気導入ー内気循環のレバーが上手く動きます。

【スバルサンバー】2022/3/22 :オイル交換・ついでに

ペール缶でオイルを買いました。

これで好きなときにオイル交換が出来ます。一緒にペール缶スタンドも購入。2つセットできる物を買ったのは、近いうちにスーパーカブ用のオイルもペール缶で買う予定だから。なんと言っても20年以上前の乗り物ばかり持っているので、オイルは定期的にきちんと替えたいものです。

一斗缶やペール缶に取り付けるタイプの蛇口も買っておきました。オイルが垂れないし一定のペースで出てくるから凄く便利!

合わせてドレンパッキンも買いました。裏表あるのに気をつけよう。作業中、カー用品店に行ってきましたが、スバル用のドレンパッキンはありますが、スバル・サンバー用のドレンパッキン、ないんです。しかも売っている物は適用外の車種を書いていません。間違って買う人絶対にいるよね。

車体の下に潜る必要があるので、フロアージャッキとウマも必要。ピットとか車体を持ち上げる道具があれば別ですが、一般人に必要かというと・・・

ジャッキアップポイントはエンジン・マフラーのちょいと奥にある丸い棒の部分。

ドレンボルトはタイヤとタイヤの間から見ると、かなり奥まったところにあります。角度も微妙に合わないので、手持ちの工具を組み合わせて届くようにしました。ソケットのコマは14mmです。

ドレンボルトを外しました。ドレンパッキンには裏表あるよ。油の処理は「吸わせるタイプ」の廃油処理箱です。これに吸わせて可燃ゴミへ。

エンジン内部洗浄剤が少し残っていたので、一緒に入れます。

オイルの量を間違えて多く入れたので、ドレーンを緩めて少し抜きました。


前後して、シフトリンケージのゴムをベアリングに替えました。上手く行っていないので、メモレベルの記事です。

エアクリーナー外して、ボルト4本を緩めたほうが作業が楽です。

劣化したゴムブッシュ。これはドライバーやラジオペンチで簡単に外すことが出来ます。

交換後。

ベアリングをボルトとワッシャーで挟み込んで圧入する方法もありますが、一度それでねじを舐めてしまった経験があります。あの、にゅるっという感触は今でも忘れることが出来ません。ベアリングの外径に合わせたソケットのコマを使って打ち込む方法もありますが、場所的に上手く行きませんでした。2コあるベアリングのうちひとつは、ベアリングのあらぬところ打ち込んでしまったので、死んでいるはず。

下の方にあるものは上手く入りません。バイスクランプで挟む、戻してからねじを1/2回転させまた挟む、の繰り返しで入れ込みました。


エンジンルームでカタツムリが焼けてました。

【スバルサンバー】2022/3/20 :オイルキャッチタンクの取り付け

エアフィルター交換のところでちょっと書いたけど、将来的にエアフィルターが手に入らなくなる可能性も否定しない。だからブローバイガスによるエアフィルターの汚れを少しでも防ぎたい。では、オイルキャッチタンクを取り付けようか。

ホームセンタで取り付け用のねじとかステーも(何も考えず)買って来ました。よくステンレス製のものを付けたブログを読みますが、鉄を腐食させるのでステンレスでもなくアルミでもなく、鉄製の方が良いです。

しかし、ここのねじ穴がM4。読みが外れた。予備の部品が増えちゃった。そして耐油・耐圧・耐熱のホースも買って来た。内径12㎜のもので、長さは1メートルあれば充分です。ホースバンドも忘れずに。

出口(OUTと書いてあります)の表記に注目してね。入り口に印はないから。

一度ばらしてみました。手持ちのオイルフィルターレンチだと径が合わないため、オイルフィルターレンチをひとつ買うことになりました。ジャストサイズが無いので、どのような径のオイルフィルターにも合うタイプをカー用品店でゲット。それにしても高かった。

あと気になるバリとかもありませんでした。

まずはオイルキャッチタンクとステーをM4のボルトで固定。ステーの穴が大きいので、M6のワッシャーをステーとM4のワッシャーの間に入れて固定です。ここはねじよりもボルトの方が良いでしょう。

ホースを取り付ける部分と溜まったオイルの量を量る棒にはOリングを噛ましておきました。

ここのボルトにステーを共締めします。

取り付け出来ました。このとき、サービスホールを外しておくと明るく作業が出来ます。

ホースは奥(出口・エアクリーナーへ行く側)から取り付けると楽かも。

エアクリーナー側のホースを外します。後ろ側から出ているホースを外します。ここまで来ればホースを適当な長さに合わせて取り付けるだけ。

出来上がり。エンジンブレーキがよく利くようになったかも。


【追記】

エンジンブレーキだけでなく、走行音も静かになりました。アイドリングの時もゴボゴボという音がしていたのですが、消えました。エンジン側のブローバイホースを引っこ抜いたとき、直角に折れ曲がっている部分に多数のひび割れが見つかりました。外したときにできたものかどうかは分かりませんが、排気ガスが多少なりと漏れていたのかもしれません。

【スバルサンバー】2022/3/12 :プラグコード交換

プラグコードを交換しました。

定番のNGK製スパークプラグコードを密林で購入。在庫切れのため数ヶ月待ちでした。

開封の儀。さて、どこのどのコードを挿せば良いのか。エンジン写真右側から1なのか、それともディストリビューターの一番上から一番なのか・・・。よくよく純正(でしょう)のコードを見てみると。

番号が書いてありました。1本ずつ交換するのが正解。

交換中。プラグ側を取り外すときはプラグコードのプラグ側、お耳の部分を気持ち下に引っ張り降ろす幹事で外します。こんどプラグ側を取り付ける時はプラグコードのプラグ側、お耳の部分を持ってしっかりと押し込みましょう。純正(推定)のものよりNGK製の方が少し長いです。上手くはまらないときがあるので気をつけて。

ディストリビューター側は素直に手前へ引っ張れば外れます。取り付ける時は水平に押し込みます。こちらは簡単。

出来上がり。プラグコードをどこに取り付けようか迷っている時間を含めて、取り付けにかかった時間はおよそ15分。


取り付け後、エンジンをかけておかしな音がしないかチェック。走ってみるとふけあがりが良くなってます。これまで4速アクセルべた踏みで何とか前の車についていけるような登り坂で、加速して行くではありませんか。プラグコードも消耗品なのですね。不要になったコードは適正に処分します。

【空き家再生計画 】 2022/3/7 扉を埋めます

An old house renovation: Get rid of door.

まん中に移っている扉を埋めることにしました。どうもこの扉、ひしゃげた状態で付いているようで、扉の開閉が上手く行きません。扉は長方形ですが、枠が平行四辺形。これでちゃんと閉まるのが不思議なぐらいです。

この向こう側に押し入れを作ることにしましたので、丁度いい機会です。

えらく時間がかかりましたが、扉の埋め戻しが出来ました。反対側はこれからの作業です。これで耐震性も少しは上がったかな。真冬なのに工業用の扇風機が出しっぱなしとは。

反対側の様子です。

ただいま断熱材(スタイロフォーム)を埋め込んでいます。


ベニヤ板の値上げが痛いです。構造用合板厚さ12ミリ、1200円から1400円ぐらいだったのが2000円に。4枚買えたのが3枚しか買えません。しかし買わないと工事が進みません。

【スーパーカブ】2022/2/13 :ハンドルクランプバーの取り付け

かねてから付けたかったハンドルクランプバーです。スマホナビでは絶対に必要なアイテム。左上のねじは意外にも六角レンチで締めるタイプです。

取り付けたい方のミラーをいったん外します。

上のナットを緩めます。するとミラーはスイッチボックスにねじで留まっているだけになるので、くるくる回せば外れます。

で、クランプバーを取り付けて元に戻すだけ。それにしてもステーとクランプバーの取り付けに六角レンチが必要なのはびっくりでした。

レンチやモンキーのサイズはあえて記入していません。みなさまの愛車に合ったのを選んでくださいね。

SubstackからWordPressへのお引っ越し

Substackに疲れたら

Substack側の操作

自分の運営しているメルマガ(ブログ)のページに行ってください。Settingをクリック。下の方にExport your data.があるので、クリック

準備が出来たらメールが届くので、Download Dataをクリック。

ダウンロードしたファイルを適当な場所に保存しておきます

WordPress側の操作

ツールー利用可能なツール−インポートからWordPress Importerをインストールし、プラグインの一覧から、有効化する。このプラグインがインストールされていないとSubstackのデータをインポートできません。

プラグインSubstack Importerをインストールし、有効化する。Substack Importerで検索してください。

ツールに戻り、Substackインポーターを実行。ダウンロードしたファイルの場所とSubstackニュースレターのURLを入力。インポート開始。

投稿者について聞いてくるので、設定。既存のユーザーに割り当てても良いです。添付ファイルのインポートはチェックを入れます。

インポートが終わると、公開された状態になっていますので、適宜手を入れてください。

【空き家再生計画 】 2022/1/25 ペンキ塗り、そして電灯取り付け

An old house renovation: Painting and wireing.

まずはペンキ塗りから。臭いの少ない水性塗料を使います。今回は天井も塗ることから刷毛塗りです。ローラーは垂れてきたときの被害が大きいと判断したのです。

1回目。かなりムラがあります。ずべて原液のまま使っています。

2回目。まだ、ムらがあるなぁ。

3回目は写真撮るのを忘れた、と言うよりも手袋外さないと撮れなかったので、省略。

実はこのとき、色を変えました。理由は倍の量入ったペンキが3割増しぐらいの値段だったのと、一回目に塗った色は大きい缶がなかったから(笑)

4回目。やはり白とかクリーム色は乗りが悪いですね。予想以上に使ったなぁと言うのが印象。安っぽい公営の住宅のようになりましたが、クロスを貼る手間が要らないのは嬉しいです。

天井が斜めなので、壁にライトを取り付けました。もちろん壁面の取り付けに対応したタイプです。天井に光が反射して、部屋全体が明るくなりました。

玄関にも一灯。センサーライトを試してみましたが、どうやらライトの傘が悪さをしているようで、上手く動作しません。


よく「この器具の取り付け工事には資格を持った人間が必要です」とあります。そんなときはサクッと工事が出来る資格−電気工事士−を取ってしまいましょう。好きなときに作業できますし、実技試験もあるから道具の使い方も慣れます。そして試験の時に使った工具はそのまま作業に使えます(お得)。資格が取れれば後必要になる道具は絶縁抵抗計(電気会社の人にちゃんと測っとけと言われた)があれば充分では無いでしょうか。

【空き家再生計画 】 2022/1/23 レーザー墨出し器買いました

An old house renovation:

Amazonで中華製が約4000円。これ一個あれば微妙に傾いている家で垂直、水平が簡単に出せるとばかり、セールの時にポチっとな。

早速道具を引っかける棒を取り付けました。材料はステンレスパイプと、パイプを受ける金具です。

手元にあったカメラ用の三脚と一脚を組み合わせて、簡単にセットアップ。三脚だけだと高さの調整に幅がないので、一脚はあった方がベター。

いろいろ使ってみましょう。

コンセントの垂直を出したり(埋め込み取り付け枠に合わせる),

壁に蛍光灯を取り付ける時、平行をチェックするために使ったり。結構便利な道具です。DIYする人はひとつ持っていると便利かも。

プロ用はウン万円もしますが、アマチュアですから、これで充分です。