【Make:】太陽光パネル並列接続用ワイヤーの製作

USB接続が出来るソーラーパネルと扇風機がセットになったものを買いました。しかしモバイルバッテリーに接続した時を思うと、非常にゆっくりとしたスピードです。真夏の夕方には使えなくなるなと思い、作ってみました。

用意する物はUSB TypeAのオスが2つ、メスがひとつ。データ転送用でなくても充電用のもので大丈夫です。そして、整流ダイオードがふたつです。ダイオードの役目は太陽光パネルに逆方向の電流を流さないためです。

コードを剥いて、ハンダ付け。赤がプラス、黒がマイナスなのはルールです。オスの赤にダイオードをハンダ付けします。銀色の線がない方からある方向へ電流が流れます。逆方向には流れません。

ダイオードを接続したコードをハンダ付けします。これをUSB TypeAのメスに接続します。接続する相手の扇風機がオス、ソーラーパネルがメスなので、この構成になります。

熱収縮チューブで養生をして出来上がり。ここからしばらく間が開きました。だって作ったのは冬場、ビフォーコロナの頃だから。ゴールデンウイーク(2020年のゴールデンウイークは死語でした)の晴れた日にテストします。
まずは電流がきちんと流れるかのチェックです。

太陽光パネル並列接続用ワイヤーにパネル1枚と電流・電圧計を接続しました。

ちゃんと発電していますね。
ソーラーパネルを接続していないオス側に接続します。

電圧計の表示が消灯しているので、逆方向に電流は流れていないことがわかります。もちろん両側チェックします。out側に接続していますが、電圧計はどういうものかが分かれば、もしここに電圧があれば、動く、はず。
ダイオードが入っているだろうと思って買った中華製の二股コードは、同じように接続したら電圧が出ました。

こいつは思った動きをしないことが分かりました。
並列に繋いだときの電圧5.7V

電流は0.15A

順調に充電しています。この後、扇風機を回しました。ソーラーパネルをひとつ外したら、回転が落ちました。あと数セット作っておこう。

【Make:】赤外線リモコン到着

中華製の赤外線リモコンが届きました。いつものようにeBayで購入

まん中上に写っているLEDは何物か分かりません。リモコンにはすでに赤外線LEDセットされているし・・・

こういうドッキリがあるから、中華製品は楽しいのです。

【追記】

勝手な想像ですが、右と左の赤外線リモコン、どちらも同じ基板を使っていると思っています。左の1,3,7,9のボタンが右のリモコンでないだけなのかも知れません。(後日確認します)

【Make:】無印良品のUSBデスクファンに磁石を取り付ける

無印良品のUSBデスクファン、風量の割に静かなのと、シンプルなデザインが好きです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb c02

裏のウレタンで出来ている滑り止めを剥がします。再利用しないのでゴミ箱へ。剥がすとねじが出てきます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb c01

分解しました。凄くシンプルな作りです。(実はやらなくて良かった)

UNADJUSTEDNONRAW thumb c07

プリント基板を外しました。はめ込んであるだけですから、簡単に取れます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb c08

ホームセンターで磁石を買って来ました。分解した部分に穴を開けて、磁石をねじ止めすればいいかな、と思ってました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb c06

ここまで観察してよく考えてみたら、ねじを長いものに交換すれば、マグネット付くじゃんね。手持ちのタミヤ楽しい工作シリーズで余ったねじを使います。少しばかり太いのは気にしません。右側太くて長いのがタミヤの工作シリーズのねじ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb c09

磁石の穴にねじを通し、本体にねじ込めば出来上がり。

UNADJUSTEDNONRAW thumb c0b

磁石のひっつくところならどこにでもひっつきます(当たり前田のクラッカー)。写真は瞬間湯沸かし器にひっつけました。これでなにかを急に冷ましたいとか、乾かしたい時に上から風を当てることが出来るので、便利に使えますね。傷防止のために、磁石の部分にステッカー貼ってもいいかも。

できあがり。

【Make:】Lepyのアンプのコンデンサを交換する

ACアダプター欲しさに買ったLepyのアンプLP-168Sのコンデンサを交換します。交換に当たってはコンデンサの容量は変えずに、定格電圧は交換前のもの以上のものを選びました。

この本を読んだら、中国製のコンデンサを使うのが怖くなりました。Amazonの製品レビューでもちょくちょく中国製コンデンサが爆発したとのコメントも見ます。では、交換してみよう。

UNADJUSTEDNONRAW thumb a44

これがアンプ本体です。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bc9

これが交換前の基板。思った以上にすっかすか。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bca

ついでにICも交換できるようにアダプターを介して取り付けます。穴の部分にもハンダが回り込んでいるのか、ハンダ吸収線はかなりの量消費しました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bc8

マスキングテープで仮固定しています。マスキングテープって、便利。

大きさの異なるコンデンサー

コンデンサーですが、同じ容量でも大きさがこんなに違います。下の青い奴、安定が悪くてこの位置にしか落ち着きませんでした。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bcc

改造が出来るようにとの配慮でしょうか、一カ所穴が3つ空いていて、足の間隔が広いコンデンサでも取り付けることが出来るようになっていました。改造前はまん中の所に足が刺さってます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bcd

改造後は左の穴に。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bcf

LEDには抵抗を噛ませて、少し暗くします。そのためにプリント基板をPカッターで切り離しました。

場所は違うけど、抵抗取り付け後です。

JPs4xAYwTTeVA+PCL7d4ng thumb bd0

C19の上辺りの傷がPカッターで切り離した部分です。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bdf

不要となったコンデンサと、ハンダ吸収線の山。

UNADJUSTEDNONRAW thumb be0

コンデンサが一個足らなかったので、今日はここまで。基板に取り付けできないコンデンサはリード線を介して取り付け。後々の分解のことを考えて、スイッチは端子を介して取り付けるようにしました。リード線で取り付けたり、横に寝ているコンデンサはすべて交換した後にホットボンドで固定するつもりです。

機種はLP-168S あと171211PCBと、206c483−3の文字が見えます。バージョンを表しているのでしょう。

UNADJUSTEDNONRAW thumb c6e

【追記】コードで延長してぶらぶらのコンデンサーはホットボンドで取り付けました。不足分のコンデンサーも買ってきて、取り付け完了です。

投稿日:
カテゴリー: Make タグ:

【Make:】タミヤのドリル・リューターにコンデンサを組み込む

有名なモーターのメーカー、マブチモーターによると、セラミックコンデンサをモーターと並列に繋ぐとノイズが軽減されるそうです。

手元にあった22pFのセラミックコンデンサを使ってみます。

コンデンサー

ジャンク品が袋入りで300円だったので、買っておきました。丁度いいものが入っていました。ラッキー。

足を折り曲げました

モーターを避けるようにコンデンサの線を曲げていきます。

モーターをセットする前

コンデンサの足が配線代わりの銅板とモーターの台に挟まれるようにしました。

裏側です。

裏側です。あとでテスターを使って導通テストしたら、OKでした。

モーターをセットしました

モーターをセットします。我ながらいい感じになりました。モーターはプラズマダッシュモーターに交換してあります。

UNADJUSTEDNONRAW thumb bdd

ドリル・リューターの本体にはかなり隙間がありますので、本体側は加工無しで取り付けが出来ます。

試運転したところ、気持ちばかり元気に回るようになった気がします。ノイズ除去の効果にあっては・・・これまでモーターが原因となっているノイズなんて気にしたことなかったからなぁw

【Make:】ラジオのコンデンサーを交換する

すでに旧製品になりましたが、ソニー製の電池で動くラジオのコンデンサーを替えました。本体が中国製なので、もちろん中国製のコンデンサーです。中国製のコンデンサー、Amazonのレビューを見てもコンデンサーが爆発したとかいい話を聞きません。電池で動くラジオって、一番使いたい時は停電の時だと思う。コンデンサーが破裂や液漏れしてラジオが聴けなかった、大変です。

ケータイ基地局のバッテリーが死んだらスマホはただのカメラです。ならばいざというときにラジオが使えないという事態だけは避けよう。

では、コンデンサーを日本製のものに取り替え。一緒にスピーカーに吸音材としてフェルトを貼って、音がはっきり聞こえるようにしましょう。

もう廃盤になったラジオです。いざというときにしか使わない、というかそういう事態になったことがないので、使ったことがありません。だからこそ使えるようにします。

UNADJUSTEDNONRAW thumb b25

背面のねじ三カ所を外します。うち一カ所は電池の入る部分にあります。

UNADJUSTEDNONRAW thumb b2e

いったんスピーカーとプリント基板のコードは外します。

Byo+wgjGRuaO5vzl0luhPQ thumb b2d

青色のフィルムがかかっている円筒状の部品がコンデンサー。

UNADJUSTEDNONRAW thumb b2c

お買い物リスト。

  1. 16v470μF
  2. 16v220μF
  3. 16v47μF
  4. 黒のフェルト

コンデンサーはマルツのリアル店舗で購入し、フェルトは手芸用品店でゲット。

コンデンサー容量(μFの数値)は変えずに、電圧(vの数値)は同じかそれ以上のものを選びました。全部で500円ほどですが、コンデンサーは2個入りだったので、もう一台改造できますw

コンデンサーが大きくなった。

コンデンサーを外すため、はんだ吸い取り線でハンダを取り除いたら、足が斜めに曲げられていて抜けないようになっていました。ペンチで戻して、引き抜きます。

コンデンサーは一回り大きくなりました。茶色が国産のコンデンサーです。ひとつずつ交換すれば、ものを間違える可能性は低くなるでしょう。

IMG 6111

取り替えが終わりました。ひとつは予め足を曲げて、寝るようになるよう取り付けました。

IMG 6112

吸音用のフェルトを置きます。特に接着剤などで固定はしていません。。この後、切れ込みを入れてはまりやすいようにしました。

IMG 6114

基板を元に戻し、ねじで固定すれば出来上がり。きちんと音は出ました。吸音材のおかげで、少しはっきりと声が聞こえるようになりました。