-->

【スーパーカブ】2022/2/13 :ハンドルクランプバーの取り付け

かねてから付けたかったハンドルクランプバーです。スマホナビでは絶対に必要なアイテム。左上のねじは意外にも六角レンチで締めるタイプです。

取り付けたい方のミラーをいったん外します。

上のナットを緩めます。するとミラーはスイッチボックスにねじで留まっているだけになるので、くるくる回せば外れます。

で、クランプバーを取り付けて元に戻すだけ。それにしてもステーとクランプバーの取り付けに六角レンチが必要なのはびっくりでした。

レンチやモンキーのサイズはあえて記入していません。みなさまの愛車に合ったのを選んでくださいね。

【スーパーカブ】ウインカーのLEDを替えました

カブのウインカー、LEDにしたのはいいけれど、色がレモン色。オレンジじゃない。どうも気に入らない。

もしカブに車検があったら間違いなく通らないので、車検対応っぽくします。

球そのものはeBayでポチっておきます。今回、5つのうち1つハズレがありました。だから中華製LEDは余裕を持って買いましょう。今回、10個入りのものを買っています。4つ点灯すればよいじゃんね。

点灯の儀。取り付けて点灯しなければ180度回して取り付ければ点灯するはずです。点灯しなかったら、ハズレなので諦めてください。

だって、中華製だから。

新型コロナウイルスのワクチンで中華製が出回っているようですが、中華製の品質を体験すると、使う気にはなれません。だからAmazonのレビューでよく爆発するらしい部品、そう、一番信用出来ない中華コンデンサーは国産のものに交換してから使ってます。

レモンイエローからオレンジになりました。これで枯れ葉マークを付けずに運転する人生の大先達たちから自分の身を守れるようになりました。カブでオカマ掘られたら痛いのは自分。

なぜだか分かりませんが、電圧が低い状態だと暗いながらも左右両方のウインカーが点灯してしまいます。つまり、ハザード状態。ICウインカーリレーにかかる電圧が低いと上手く動作しないのでしょうか。原因は分かっていますので、近いうちに対処します。

【スーパーカブ】ヘッドライトの球がLEDになったよ

Amazonをおさんぽしていたら、見つけちゃいました。無極性のLEDヘッドライト。これは交流を使うカブのためにある物だと直感。速攻でポチりました。

たぶん中華だから、同じような物はみつかるはずです。

中華製はよくハイビームとロービームが逆になっていることがありますが、そんなことはありませんでした。

社外品のマルチリフレクターのヘッドライトにある頭の傘を少し押し込んだようですが、装着できました。

今のヘッドライト風でいい感じに点灯しています。自分の存在を知らせることがヘッドライトの役目となる日中専用ならこれで問題ありません。

ウインカーの色がレモン色になっていたので、アンバーのものを探していたらいい感じのものあったんだけど、日中に点灯しているかどうか分からない感じです。夜なら問題ないんでしょうけど、田舎はオバさんが煽ってくるんで、どちらに曲がるかの意思表示はしっかりしていないと怖いのです。

【スーパーカブ】ウインカーのLED化

まずはリレーをLED対応の物にします。eBayでだいぶ前に購入してあった物です。本来は2ピンですが、3ピンのもののうち1つはアースなので、車体にアースすれば大丈夫です。まん中、3本コードが出ているのがリレーです。平端子を打って、接続しておきました。

リレーと言ってもいろいろなタイプがあります。

球はT10。極性があるので、実際に取り付けたら点滅させる必要があります。点滅しなかったら、180度回して取り付ければ、大概は点灯します。これはノーマル。

交換後。

ただ単に球を交換するだけだと、ハザードになります。これはあちこちのサイトで言われているとおり。で、ハーネスを追加します。作り方はググってね。

水色と橙色はメインハーネスから。そこにダイオードを噛ませたハーネスを挿入します。

もう一つ、こんなハーネスも作ります。

接続先は写真の中に書いておきました。橙2本はオーディブル(下)からと、インジケータランプ(メーター)から伸びている奴です。オーディブルは水色と橙色が下から仲良く並んで伸びている奴です。割合分かりやすいです。

ついでにメーターランプ内の電球もLED化しておきました。メーターランプは始めスイッチを入れても付かないので変だな・・・と思って今したが、エンジンをかけると点灯しました。ここだけBA7Sと言う形状になります。後はウインカー、インジケータランプともにT10です。

BA7Sは基板がでかく、カブのランプメーターにハマらない物もあるので、ソケットの径と球の径がおなじ、あるいは球の方が小さい物を選びましょう。

後は年式によって違うところがあるかも知れません。また、全波整流してレギュレーターを交換して直流化すれば、こういう小細工は不要になります。

ニュートラルランプが緑から青色に近い緑に、ウインカーインジケーターランプがオレンジから黄色になったのは明るいからでしょうね。

【スーパーカブ】レッグシールドにカゴを取り付けました

もともともう一台のカブ70に付いていたカゴ、レッグシールドがボロボロなので、カゴだけ取り外してカブ90に取り付けました。

まずレッグシールドを固定するボルトに取り付け、位置を合わせて穴を空ける位置をマジックでマーキングして、裏からドリルで穴を空けました。

これで積載量アップ。体重を減らせば更にアップ!(希望)

まん中に着いているのは、USBで充電するための部品。eBayで買った憶えがあります。スイッチがあるのでバッテリーから直接に電源を取って、タイラップで配線を固定しています。スイッチが入っているときはランプが付きますが、カバーをかぶせているとランプが見えない謎仕様。パーツにはないヒューズを取り付けて、出来上がり。念のためにヒューズは付けました。

レッグシールドが取り外しできるよう、車体とレッグシールドの間にはソケットが付いていたのでうまく活用します。

バッテリーが上がってもカブならキックスターターもあるし、車体が軽いので押しがけも出来るから、これでいいでしょう。

【スーパーカブ】WAKO’Sのリムーバーについてのメモ書き

ガスケットを剥がすときに便利なWAKO’Sのリムーバーですが、ケースカバーが塗装されているので、塗膜に付くとしわしわになって、その部分をこするとペロッと剥がれたりします。

確かに地肌が見えて綺麗になるのですが・・・。なんか気分は複雑。まぁ、売り物じゃないし、車体の軽量化が出来るから良しとしましょうか(痩せた方が絶対に早い)。。。

でも、車体の塗装に影響はなかったので、塗料の質によっては大丈夫な物もあります。なかなか奥が深いぞ。

【スーパーカブ】純正CDIと中華CDIの違い

純正と言ってもMade in China。比べてみましょう。

純正品。パッケージにMade in Chinaとあります。

上、Shindengenと書かれているものが純正品。名前無しの中華も大きさはほとんど変わりません。

右が純正品です。樹脂ポッティング(枠以外の黒い部分)の厚さが絶対的に違います。たぶん、コンデンサーの大きさなのかも。中国製のコンデンサーはイマイチ信用出来ないので、純正品は日本製のコンデンサーをわざわざ輸入してつくっているのかもしれません。

20年以上経っているので、中華製に替えましたが、長く乗ることを考え純正の新品に交換します。

【スーパーカブ】LEDヘッドライト

eBayでポチりました。P15D(PH7)のLEDヘッドライトです。
Honda cubで検索するといろいろパーツが出てきます。

英単語の綴りがBIRGITと間違っているのは、そのうちChiniese Englishと言うことで正当性を主張するんでしょうね。何時取り付ける全く考えていないんだけど、無駄なお買い物も楽しいです。

c70の方は直流化しているので、ポン付け。交流のままだと取り付けは困難でしょう。

【スーパーカブ】クラッチ調整

ギヤをニュートラルにしていても前に進んでしまう謎の症状が出ました。クラッチが滑っているとは違うような…
クラッチを調整しました。ロックナットが固着していたので、ナットにメガネをはめ、プラハンマーでメガネをこんこんと叩けば緩みました。反時計回りに回るよう叩けばいいよ。調整方法はいくらでも出ているので省略。
まだニュートラルにするとエンジン回転数が上がる症状は治っていません。GW中は誰もいないところでキャブレターのオーバーホールです。一緒にスロットルワイヤーも交換します。これで治るかな。