-->

【Make:】カブに取り付ける部品で遊ぶ

雨の一日、これからカブに取り付ける部品で遊びます。

ヘッドライトとテールライト

ヘッドライトとテールライト、メーターランプ用のLEDを買って来ました。いつものようにeBayです。

テールライト

ちっちゃな袋にたくさん入っています。中国企業の合理性を感じることが出来ます。

テールライト

テールライトはポン付けです。ここに至るまで電球の規格を知らない出品者が間違えて異なる規格の電球を送ってきたのは内緒。もちろん返金処理して頂きました。eBayは不良品について基本的に返金処理というのが気楽でいいです。

メーターランプ

メーターランプは基板が大きいので、取り付けが出来ませんでしたw

コンデンサー交換

ヘッドライトはお決まりのコンデンサー交換です。「趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか」によると、中国製のコンデンサーは日本製に比べて耐久性がないそうです。Amazonのバイク用LEDヘッドライトのレビューにコンデンサーが破裂するとありますが、走行中に破裂してはどうしようもありません。では、予防のために交換しましょう。

ドライバーユニットにもともと付いているコンデンサーは100v10μF。これを手持ちの50V10μFに交換します。バッテリーから直に電源を取れば耐圧50vで充分でしょう。

交換後

うまく配線を取り回して、コンデンサー交換完了。ケースはドライバーで爪を押してあげればスポンと外れます。

グルーガンの海

グルーガンの海に沈めます。

ケースには穴が開いています

コンデンサーが少し大きいので、ドライバーのふたに穴を開けてコンデンサーが収まるようにします。

正常に動作

ついでにUSB機器充電用のパーツもコンデンサーを交換。きちんと電圧も出ています。さて、どこに取り付けようか。

【スーパーカブ】リアブレーキのスイッチを交換しました

スイッチ

すでにお亡くなりになっていたスイッチです。リアブレーキを多用するので、安全のためにもここは交換しましょう

リアブレーキのスイッチですが、ギボシのタイプとコネクターのタイプと二つあります。どっちを使っているのが分からなければ、コネクターのタイプのタイプを買ってギボシ端子に付け替えるのがいいです。ギボシ端子なら簡単に手に入りますが、コネクターは専門店に行かないと手に入りません。

スイッチ

スイッチはコネクターのタイプで注文しました。

外し方

スイッチそのものは簡単に外れますが、その前にバッテリーを外した方が簡単に作業ができます。小さいバネは大きいバネの中を通って引っかかっているので、ペンチなどで簡単に取り外せます。

それにしても中まで泥まみれです。

スイッチの比較

右側が新しいスイッチです。古いタイプに比べるとネジ山の部分が長くなっています。この先、バッテリーの上にコードの端子があるので、いったんバッテリーを入れ物ごと外します。

綺麗にしましょう

ウエットティッシュで汚れを拭き取りましたが、すぐに真っ黒になります。ついでに車体の内部も掃除しておきました。

謎の黄色い粉

謎の黄色い粉が・・・これもウエットティッシュで綺麗にします。

元はギボシ

これまで付いていた物はギボシ端子でしたので、コードを切断し、ギボシ端子に取り替えます。ギボシからコネクターにするのは合うコネクターを探す必要があるので、大変。

取り替え後

取り付ける所は同じ色の線が出ているので分かりやすいです。

ヒューズ

ついでにどう見ても使えそうにない予備ヒューズを取り替えます。ノーマルは7Aですが、手持ちにないので10Aにします。バイク屋さんが言うには10Aでも問題ないって。

元に戻しました

元に戻して出来上がり。ブレーキランプの点灯する位置を調整して完了です。

ブレーキランプ

ついでにテールライトをLEDに交換しました(実は無意味)。あと、残るはヘッドライトです。

【スーパーカブ】CDIを交換しました

勢いでCDIを交換しました。例によってCDIはeBayで買った中華製。おいら的に20年前の国産を使い続けるのと、今の中華製品に交換することと比べると、中華製のものに交換した方が長持ちするんでないかなと考えています。

ノーマルCDI

ノーマルの部品です。ふたを開けたときは砂まみれでした。ウエットティッシュで拭いてここまで綺麗になりました。

交換する物

これが交換する中華CDI。さすがに20年も経っていれば電装系は新品にしてリフレッシュと行きたいモノです。

交換後です。

CDIのソケットが多少長いのか、ノーマルの位置ではセットできませんでした。90度回してもセットできるようになっていたので、このようにセットしました。これでカバーの取り付けも出来ます。

早速走ったところ、しばらくはアイドルが安定しませんでしたが、そのうちに安定してきます。結果ですが、さほど変わらないなというのがホンネ。

「CDI 故障」でググったら、20年経った半導体を使った部品は交換した方がいいと言う記事を見つけました。突然故障するよりは交換した方がいいと考えることにします。

【スーパーカブ】オイル交換

納車してまだ一週間なのにオイル交換をします。バイク屋さんだと間違いなく純正品のウルトラG1を使うはずです。以前ウルトラG2を使ったら、かなり調子が良かったので交換です。
前のオーナーの使われ方はわかんないし、エンジン洗浄剤を入れているので、なおさら早めの交換をしたかったのです。

100均でバケツを買ってきました。

100均のバケツ

クマさんのイラストに惹かれて購入。このイラスト、一昔前ならステッカーだったのでしょうが、なんと印刷。ダイソー恐るべし。

容量が書いてあります

容量1.4リットル。廃油処理箱の中身と出てくるオイルの量を合わせても、大丈夫だ(この後泣きます)。

廃油処理剤の中身

これに廃油処理箱の「中身」だけを取り出して、コンビニのレジ袋の中に入れ、それをバケツにセット。

オイルが出ています

ドレーンを抜いたら、真っ黒なオイルがぶしゃーっと流れてきます。それにしても数十キロで真っ黒なんて、エンジン洗浄剤の効果を感じました。

この後バケツからオイルがあふれました。原因は廃油処理剤に染みこむスピートよりドレーンから流れ出るオイルの量が多かったからです。すぐにマジックリンで中和処理。

オイルはオイルジョッキで適正量を計って入れました。目分量で入れたら多かった、少なかったはエンジンにとって良くないです。

2019 05 22 15 25 52

一緒にプラグも交換します。デンソーイリジウムIXプラグ。熱値は変えずにCR6で。


エンジンオイルをウルトラG1からウルトラG2へ、プラグをイリジウムIXプラグに交換効果はすぐに現れました。荒れた振動はなくなり、少しきつめの坂を登るのによっこらしょという感じがあったのが、なくなりました。カブは快適に乗りたいです。

2019/05/25:一部加筆・補正。