-->

【スーパーカブ】ウインカーのLED化

まずはリレーをLED対応の物にします。eBayでだいぶ前に購入してあった物です。本来は2ピンですが、3ピンのもののうち1つはアースなので、車体にアースすれば大丈夫です。まん中、3本コードが出ているのがリレーです。平端子を打って、接続しておきました。

リレーと言ってもいろいろなタイプがあります。

球はT10。極性があるので、実際に取り付けたら点滅させる必要があります。点滅しなかったら、180度回して取り付ければ、大概は点灯します。これはノーマル。

交換後。

ただ単に球を交換するだけだと、ハザードになります。これはあちこちのサイトで言われているとおり。で、ハーネスを追加します。作り方はググってね。

水色と橙色はメインハーネスから。そこにダイオードを噛ませたハーネスを挿入します。

もう一つ、こんなハーネスも作ります。

接続先は写真の中に書いておきました。橙2本はオーディブル(下)からと、インジケータランプ(メーター)から伸びている奴です。オーディブルは水色と橙色が下から仲良く並んで伸びている奴です。割合分かりやすいです。

ついでにメーターランプ内の電球もLED化しておきました。メーターランプは始めスイッチを入れても付かないので変だな・・・と思って今したが、エンジンをかけると点灯しました。ここだけBA7Sと言う形状になります。後はウインカー、インジケータランプともにT10です。

BA7Sは基板がでかく、カブのランプメーターにハマらない物もあるので、ソケットの径と球の径がおなじ、あるいは球の方が小さい物を選びましょう。

後は年式によって違うところがあるかも知れません。また、全波整流してレギュレーターを交換して直流化すれば、こういう小細工は不要になります。

ニュートラルランプが緑から青色に近い緑に、ウインカーインジケーターランプがオレンジから黄色になったのは明るいからでしょうね。

【スバルサンバー】ウインカーと車幅灯のLED化

まずはウインカーリレーをLED対応の物に交換します。

こともあろうにスーパーカブから外してきました。カブで動作していたから、間違いなく動作します。もちろんカブの方には新品のLED対応のリレーを奢ります。本来カブは2ピンなんですが、Eの表記がある端子をボディアースすれば正常に動作します。

証拠写真(笑)

手で持っている方が新しくカブに取り付けるリレーです。付いている方がサンバーに取り付ける部品です。

マニュアル車なので、ハンドルの斜め左下に小物入れがあります。ここを後ろから押します。

凄く分かりづらいところにリレーがあります。ソケットを外すのが難しかったので、リレーごと外します。

10ミリのギアレンチを使いました。ドライバーを差し込んでも良かったかも。

外れました。

迷ったあげく、リレーはハーネスにタイラップで固定しました。元のリレーは元の位置に戻しました。

ウインカーのランプはBA15SとかG18とか言う奴です。eBayでたくさん購入した物です。中華製のLEDは経験上1割ぐらい不良品が混じっているので、余分に買っておいたのです。スーパーカブカスタム用のウインカーの球でもあります(スタンダードとかデラックスの丸目はT10。年式によって違うかも)。

前のウインカーはねじ1本で止まっています。内側にネジのカバーのになっているガイドがあって、そこにしっかりハマってます。無理せず揺すりながら外します。取り付けるときもガイドに合わせてはめ込めば楽ちん。

外れました。まん中にあるハーネスを固定するねじを緩めてカプラーをいったん外さないと、電球のマウントを外すことが出来ません。

電球のマウントは回すと外れるよ。取り付けるときは爪の位置を合わせてね。

ポジションはT10

T10は極性があるので、本体に取り付ける前にスモールランプをオンにして点灯を確認します。電気が付かなかったら、180度回して取り付けると、大概は点灯します。そうでなければ不良品。笑ってゴミ箱へ捨てましょう。

リアのウインカーには蜘蛛が巣を作っていました。こちらはウインカーの上下にあるねじを2本外せばレンズが撮れてくれます。テールランプ上下のねじを外す必要はありませんでした。

左がウインカー、まん中がバップランプ、右がウインカーとナンバー等に使ったLEDランプです。ウインカー、ナンバー灯、バックランプもソケットの形状は同じっぽいです。交換したけど不点灯。スイッチの不良か、それともバックランプ取り付け座の錆による接触不良か。

これでウインカーがキレッキレに点滅します。多少でもバッテリーに優しくなったかな。

【スーパーカブ】シートを固定する吸盤を交換する

買ったばかりのカブ90、カーブでイスがこきこき動きます。たぶん、あの部品だと思ったら、案の定そうでした。

ゴムの部品がボロボロ

シート下にあるゴムの部品。これが吸盤で、シート下のタンクに吸い付くようになっています。写真の状態ではその役目を果たすことが出来ません。

むしれば外れます

この部品はむしれば外れます。手もむっちゃくちゃ汚れました。おそらくかなりほこりっぽい場所で保管されていたようです。

純正部品

品番:77211-GBJ-830 300円ぐらいだったかな。これでコーナーの安定性が格段に良くなります。年式によって品番が変わるかも知れないので、ショップで確認してから注文してくださいね。

2019 05 25 11 48 34

外側の円形になっていない方をドライバーなどでシートの穴に押し込んで

取り付けできました。

勢いよく座るっ!
そうすればドライバーで押し込んでいない方、キノコのような形をした部分がシートの穴にすっぽり収まります。
これで取り付け完了ですっ!

では、快適なカブライフを。

【スーパーカブ】オイル交換

納車してまだ一週間なのにオイル交換をします。バイク屋さんだと間違いなく純正品のウルトラG1を使うはずです。以前ウルトラG2を使ったら、かなり調子が良かったので交換です。
前のオーナーの使われ方はわかんないし、エンジン洗浄剤を入れているので、なおさら早めの交換をしたかったのです。

100均でバケツを買ってきました。

100均のバケツ

クマさんのイラストに惹かれて購入。このイラスト、一昔前ならステッカーだったのでしょうが、なんと印刷。ダイソー恐るべし。

容量が書いてあります

容量1.4リットル。廃油処理箱の中身と出てくるオイルの量を合わせても、大丈夫だ(この後泣きます)。

廃油処理剤の中身

これに廃油処理箱の「中身」だけを取り出して、コンビニのレジ袋の中に入れ、それをバケツにセット。

オイルが出ています

ドレーンを抜いたら、真っ黒なオイルがぶしゃーっと流れてきます。それにしても数十キロで真っ黒なんて、エンジン洗浄剤の効果を感じました。

この後バケツからオイルがあふれました。原因は廃油処理剤に染みこむスピートよりドレーンから流れ出るオイルの量が多かったからです。すぐにマジックリンで中和処理。

オイルはオイルジョッキで適正量を計って入れました。目分量で入れたら多かった、少なかったはエンジンにとって良くないです。

2019 05 22 15 25 52

一緒にプラグも交換します。デンソーイリジウムIXプラグ。熱値は変えずにCR6で。


エンジンオイルをウルトラG1からウルトラG2へ、プラグをイリジウムIXプラグに交換効果はすぐに現れました。荒れた振動はなくなり、少しきつめの坂を登るのによっこらしょという感じがあったのが、なくなりました。カブは快適に乗りたいです。

2019/05/25:一部加筆・補正。

【スーパーカブ】ヘッドライトを取り替える

2019/05/19 マルチリフレクタータイプで新車っぽく

どうしてもやりたかったのは、ヘッドライト交換。

いかにも昔の、って感じです。ヘッドライトは二輪車にとって生命線。己の身を対向車から守るために必要なものです。高齢者のドライバーが多い地域なので、一寸でも明るくしたい物。

Amazonで買ってきました、マルチリフレクタータイプのヘッドライト。キラキラです。

早速取り付けましょう。身の安全が第一です。

ランプの下方にあるねじ2カ所を緩めます。

無事外れました

半透明な部品の外し方です。押して、回す。一方向にしか回りません。

外れました。ここでヘッドライト本体に25Wとあるのを覚えておきましょう。

一緒にニュートラルや方向指示器のランプをLEDに変えたけど、点灯せず失敗。

結局ここは普通の球に戻しました。

マルチリフレクタータイプのヘッドライトの球は、35W。そのまま付けると暗くなりそうなので、ノーマルの球と交換します。

取り付けは外すのと逆の手順です。出来上がり。

ひとっ走りしてきました。ヘッドライトを変えるだけで21世紀のカブになりました。

【スーパーカブ】スーパーカブ90(HA02)がやってきました

2019/05/17 紺色のパワフルな漢

スーパーカブ90がうちの子になりました。二十世紀に生まれ、すでに成人式を済ませたカブがご縁合ってうちにやって来ました。

すっごく不思議な子で、マフラー新品、レッグシールド(上の写真で言うと白っぽいクリーム色のおっきな部品)も新品、左手のスイッチも新品、タイヤも新品、ホイールも新品という中古車なんです。

2019 05 17 17 20 30

これで本体価格9万円だなんて、安すぎる・・・

買ったときに16130キロ、ひょっとしたら十万キロオーバーの個体かも知れませんが、そんなことは気にしません。日常の足として使えればいいのです。

梨地のショックアブソーバはなんだろう。乗り心地改善のため、そのうち社外品に交換することは決まりです。

左側のコントロールは新品ですが

右側は年期相応です。

2019 05 17 18 09 31

エンジンもそれなり。

早速ワコーズのエンジン内部洗浄剤をチョコッとぶっ込んでおきます。


どうしてもやらなければいけないのは、高齢者の運転する原付や軽4と同じ道路を走るので、それなりにグレードアップしないといけないこと。ランプ、ホーンなどノーマルのままでは怖くて乗れません。

じーさんばーさんの運転する原付は50ccの原付でも合法的に追い抜きが出来ます。そして右折帯からの右折すら出来ない人もいます。軽4は走る道路交通法、運転している高齢者が交通ルールどころか規則まで決めています。軽4がプリウスだったら、忖度してちょうだいませ。

【スーパーカブ】オイルクーラー取り付け(準備)

11連休の間でカブにオイルクーラーを取り付けようと画策しています。

オイルクーラー

オイルクーラーを取り付けるには、オイルポンプの交換も必須って、どこにでも書いてあります。

部品いろいろ

オイルポンプ取り付けるために、エンジンを分解する必要があるので、ガスケットを注文しました。70ccだから社外品の対応が分からないため、純正品を行きつけのお店で買ってきました。バッテリー込みで1万8千円。これだけ部品が多くなったのは、ガスケットのセットが欠品のため、バラで買ったためです。

早く来い来い大型連休ですが、万が一何かトラブルがあっても部品は入ってこないというリスクも背負っての作業になります。楽しみ。

【スーパーカブ】デイライト取り付けました

今年はいってぐらいにeBayで買ったLEDデイライトを取り付けました。直流化したらヘッドライトが35wになってしまいました。アイドリングや低速走行では暗いまま。対向車のおばちゃんやプリウスが特攻してきてからでは遅いので、威嚇の意味で取り付けます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 7a7

開封の儀。配線が細いので、太めの線に巻き付けてからギボシ端子を打ちます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 44c

被覆を剥いて短く切った太い線にデイライトの細い線を巻き付け、熱収縮チューブで保護してからギボシ端子を打ちます。これで配線が出来るようになりました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 444

これで準備万端です。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 44e

テスト点灯、OK

UNADJUSTEDNONRAW thumb a65

M6x10のトラス小ねじをAmazonでゲット。近所の○ーマホームセンターだとこのサイズありませんでした。

取り付ける場所はヘッドライトの下側。いろいろ考えましたが、ここがベターかと。コードはウインカーの後ろぐらいに場所にある穴から通せばいいじゃん。

UNADJUSTEDNONRAW thumb a67

ヘッドライトの奥の配線はぐちゃぐちゃ。ショップにカスタムを頼んでいたときがあるので、何が何やら分かりません。整備解説書見ながら、それらしきところ日接続して、点灯を確認。年式や過去のカスタム履歴によって線の色などは違ってくるので、どれに接続するとは言えません。

UNADJUSTEDNONRAW thumb a68

タミヤの電動ドリルでした穴を開け、普通の電動ドリルで大きな穴を開けます。

UNADJUSTEDNONRAW thumb a6b

ブラインドナットを取り付けます。普通にねじでも良かったけど、これだと取り付けるときにナットを固定する必要がありません。ドライバー持って、スパナ持って、さぁ、デイライトはどの手が支えるの?

片側は斜めにしたままねじを締めたので、ケースが割れてしまいました。あ、ブラインドナットはアルミ製のものにしています。

ヘッドライトの配線が外れてしまったので、こちらは熱収縮チューブで被服を太らせてギボシ端子を付けました。

UNADJUSTEDNONRAW thumb a6d

これでヘッドライトもバッチリ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb a6f

ヘッドライトを元に戻したら、出来上がり。ではお買い物がてら試運転へ。

UNADJUSTEDNONRAW thumb a72

停車時でも明るいぞ。これで居眠り運転でなければ正面衝突は避けられると信じています。あ、DQNはスマホを見ながらの運転するんだ、どうしようか。

【スーパーカブ】クランプバー取り付けた

Yahoo!カーナビを使いたいので

クランプバー取り付けます。目的はYahoo!カーナビを使いたい、だけ。

クランプバー

スマホホルダーはチャリ用。ケッタに比べて振動が激しい原付にはどうかなーとも考え、ない。

考えていたらキリがない。無限ループ。

開封

これを見ながらどこに取り付けようか考えるのも楽しい。

グリップヒーター

左手側にはグリップヒーターのコントローラーがあるのと、その配線を直すのが大変そうなので、右手側に取り付けます。

取り付け

ウインドシールドを取り付けているので、ウインドシールドの取り付け金具にかませます。

風防はものすごくおすすめする部品です。燃費は落ちますが、疲れ方が違います。すっごく楽ちん。

あっという間に取り付け完了。

分解可能でした

USBの充電はショップで取り付けていただいたデイトナのパーツ。これ、ネジで分解可能だったりします。

取り付けました

分解すればスロットルとかブレーキワイヤーが通っている穴に通せます。USB端子そのものは貧弱っぽいので、コードそのものを押し込んだりして通した方がよさそうです。


このホルダーとスマホの相性が悪く、すぐにクランプバーを軸に回転してしまうようになりました。このホルダーは今のところ使っていません。

2019/06/08:一部修正