-->

【スバルサンバー】テールライトのLED化

成人式を迎えた車(だけどアルコールでは走らない)ですので、あちこち弱っているのは確かです、ショックアブゾーバーはスッカスカに抜けてしまい、路面からの衝撃を吸収するのはサスペンションのバネだけ。舗装した道路の穴にはまると、ホッピングのようにびょんびょん跳ねて跳ねるのです。走ればギシギシあおりがきしみます。

軽トラは荷物乗せてちゃんと走ればいいんです。

当然、車が走るために必要な電気を作るオルタネーターも劣化しています。しかし交換なんて出来ません。では消費電力を抑えましょう。一番手っ取り早いのが電球からLEDに取り替えること。古い車が故に、交換しても大したトラブル無いんだよね。

eBayでポチった中華LEDを取り付けます。右側のまん中、赤色なのが(日本国内では)テールランプ用の証。

ねじ4本を外すだけ、ドライバー1本で簡単取り付け。右側にウインカー用のLEDが見えます。

取り付け完了。いい感じ。

安直に白色LEDを取り付けるのもいいですけど、ストップランプ/テールランプに赤色のLED、ウインカーに黄色のLEDを付けると自然な感じでいいですよ。

【スバルサンバー】ヘッドライトをLEDに

ヘッドライト、かなり古いハロゲンランプが付いています。ひょっとしたら、20年前の新車の時からそのままでしょうか。夜に乗る機会が少なければありうるかも。やっぱり暗いので、LEDに交換します。

eBayで購入したヘッドライト。とある通販サイトでも同じような物は売っていますが、やっぱりeBay安いです。ただし、たまに到着しないというトラブルはありますが、送料まで考えるととにかく安い。船便だけど、海外から送料無料なんて有難い限りです。最近は中華製のLEDも信頼性が上がっているので、問題ないと判断しました。

難しいと言われている運転席側のヘッドライトの交換です。意外と簡単でしたよ。

まずはこのねじを外します、10ミリのソケットが必要になります。たぶん、スパナでは届かないでしょう。プラスチックのカバーですが、ごそごそやっていたら思いのほか簡単に外れました。

クイックスピナーを使うと楽ですよ。ソケットがあればひとつ如何でしょうか。ラチェットが回らないところでも楽勝です。

電球のソケットを外し、ゴムのブーツを外します。簡単に外れました。

電球を固定するバネをラジオペンチで外します。押しながら上に上げる感じです

電球が外れました。

LED電球本体とステーは取り外しが出来ますので、いったん外します。ひねって電球本体を引っ張ります。

ステーを取り付けます。金属から樹脂になって、かなり分厚くなっています。バネを取り付けるにもちょっとばかり力が要ります。ラジオペンチ使った方がいいかも。

ゴムのブーツを取り付けます。

本体を取り付けます。奥まで刺さるところがあるので、押し込んでひねると取り付け完了です。ソケットの取り付け部分は、スペースの都合で樹脂製のカバーの外になります。

樹脂製のカバーを取り付けます。本当はこの前に点灯するかどうかの確認をしないといけません。信頼性が上がったと言っても結局は中華です。

左側もほぼ同じ。樹脂製のカバーが簡単に外れるのが一番の違いです。

夜になったのでどんなふうに点灯するか確認します。薄暮の状態ではこれ点いているの?という感じでしたが、暗くなってきたらだいぶ明るくなってきました。光の波長の関係でしょうか。

昔ながらのレンズのカットで配光を調整するタイプなので、どうしてもレンズ内で光が散ってしまいます。逆に言えば、対向車にとってはよくわかる存在になるでしょう。日が暮れてもヘッドライト転倒しない車多いですから。

【スーパーカブ】ヘッドライトの球がLEDになったよ

Amazonをおさんぽしていたら、見つけちゃいました。無極性のLEDヘッドライト。これは交流を使うカブのためにある物だと直感。速攻でポチりました。

たぶん中華だから、同じような物はみつかるはずです。

中華製はよくハイビームとロービームが逆になっていることがありますが、そんなことはありませんでした。

社外品のマルチリフレクターのヘッドライトにある頭の傘を少し押し込んだようですが、装着できました。

今のヘッドライト風でいい感じに点灯しています。自分の存在を知らせることがヘッドライトの役目となる日中専用ならこれで問題ありません。

ウインカーの色がレモン色になっていたので、アンバーのものを探していたらいい感じのものあったんだけど、日中に点灯しているかどうか分からない感じです。夜なら問題ないんでしょうけど、田舎はオバさんが煽ってくるんで、どちらに曲がるかの意思表示はしっかりしていないと怖いのです。

【スーパーカブ】ウインカーのLED化

まずはリレーをLED対応の物にします。eBayでだいぶ前に購入してあった物です。本来は2ピンですが、3ピンのもののうち1つはアースなので、車体にアースすれば大丈夫です。まん中、3本コードが出ているのがリレーです。平端子を打って、接続しておきました。

リレーと言ってもいろいろなタイプがあります。

球はT10。極性があるので、実際に取り付けたら点滅させる必要があります。点滅しなかったら、180度回して取り付ければ、大概は点灯します。これはノーマル。

交換後。

ただ単に球を交換するだけだと、ハザードになります。これはあちこちのサイトで言われているとおり。で、ハーネスを追加します。作り方はググってね。

水色と橙色はメインハーネスから。そこにダイオードを噛ませたハーネスを挿入します。

もう一つ、こんなハーネスも作ります。

接続先は写真の中に書いておきました。橙2本はオーディブル(下)からと、インジケータランプ(メーター)から伸びている奴です。オーディブルは水色と橙色が下から仲良く並んで伸びている奴です。割合分かりやすいです。

ついでにメーターランプ内の電球もLED化しておきました。メーターランプは始めスイッチを入れても付かないので変だな・・・と思って今したが、エンジンをかけると点灯しました。ここだけBA7Sと言う形状になります。後はウインカー、インジケータランプともにT10です。

BA7Sは基板がでかく、カブのランプメーターにハマらない物もあるので、ソケットの径と球の径がおなじ、あるいは球の方が小さい物を選びましょう。

後は年式によって違うところがあるかも知れません。また、全波整流してレギュレーターを交換して直流化すれば、こういう小細工は不要になります。

ニュートラルランプが緑から青色に近い緑に、ウインカーインジケーターランプがオレンジから黄色になったのは明るいからでしょうね。

【スーパーカブ】レッグシールドにカゴを取り付けました

もともともう一台のカブ70に付いていたカゴ、レッグシールドがボロボロなので、カゴだけ取り外してカブ90に取り付けました。

まずレッグシールドを固定するボルトに取り付け、位置を合わせて穴を空ける位置をマジックでマーキングして、裏からドリルで穴を空けました。

これで積載量アップ。体重を減らせば更にアップ!(希望)

まん中に着いているのは、USBで充電するための部品。eBayで買った憶えがあります。スイッチがあるのでバッテリーから直接に電源を取って、タイラップで配線を固定しています。スイッチが入っているときはランプが付きますが、カバーをかぶせているとランプが見えない謎仕様。パーツにはないヒューズを取り付けて、出来上がり。念のためにヒューズは付けました。

レッグシールドが取り外しできるよう、車体とレッグシールドの間にはソケットが付いていたのでうまく活用します。

バッテリーが上がってもカブならキックスターターもあるし、車体が軽いので押しがけも出来るから、これでいいでしょう。

【スーパーカブ】ホーン交換です

ホーンが鳴らなくなってしまったので、交換。
大きな音で鳴らないと、おばさんの軽自動車とかオッサンのプリウスに幅寄せされるので、できるだけ大音量のものを取り付けたいです。で、eBayでポチッと。

大きすぎた

ひとつ買ったはいいけど、大きすぎて収まらなかったりw

バッテリー直結では鳴るんだけど、取り付けたら電圧不足で鳴らなかったり。

これに決まった。

落ち着いたのが、これ。商品説明にはエアーホーンだとありましたけど。。エアーを振動させるホーンだったりします。

純正の位置にボルトオンで装着。音も大きくなって、ほぼ満足。

【スーパーカブ】カブのカスタム

この春からのカスタムに向けて、少しずつお買いもの。

eBayで買ったサブランプ。枯れ葉マークの軽自動車に正面から突撃をかけられないよう、灯火で防御します。ただしナックルガードを付ける予定があるため、どこに付けようか迷い中

ノーマルのヘッドライト

純正ヘッドライト

今ついている車外品のヘッドライトをLEDにする予定のため、加工している間と失敗したときに備え購入。

キャブレタークリーナなど

ワコーズのキャブレタークリーナーとエンジンコンデショナー

最近走っていると、カブがくしゃみをするようになりました。間違いなくキャブレターのセッティングだよね、ということでキャブレターのオーバーホールを考えています。

燃調キットも手元にある。あとは時間とやる気です。

サブランプはその後、取り付けました

しかし暫くしたら消えてしまったので、取り外すことになりました。


2019/06/08追記:サブランプ取り付けましたのリンクを追加。