【スバルサンバー】ヘッドライトをLEDに

ヘッドライト、かなり古いハロゲンランプが付いています。ひょっとしたら、20年前の新車の時からそのままでしょうか。夜に乗る機会が少なければありうるかも。やっぱり暗いので、LEDに交換します。

eBayで購入したヘッドライト。とある通販サイトでも同じような物は売っていますが、やっぱりeBay安いです。ただし、たまに到着しないというトラブルはありますが、送料まで考えるととにかく安い。船便だけど、海外から送料無料なんて有難い限りです。最近は中華製のLEDも信頼性が上がっているので、問題ないと判断しました。

難しいと言われている運転席側のヘッドライトの交換です。意外と簡単でしたよ。

まずはこのねじを外します、10ミリのソケットが必要になります。たぶん、スパナでは届かないでしょう。プラスチックのカバーですが、ごそごそやっていたら思いのほか簡単に外れました。

クイックスピナーを使うと楽ですよ。ソケットがあればひとつ如何でしょうか。ラチェットが回らないところでも楽勝です。

電球のソケットを外し、ゴムのブーツを外します。簡単に外れました。

電球を固定するバネをラジオペンチで外します。押しながら上に上げる感じです

電球が外れました。

LED電球本体とステーは取り外しが出来ますので、いったん外します。ひねって電球本体を引っ張ります。

ステーを取り付けます。金属から樹脂になって、かなり分厚くなっています。バネを取り付けるにもちょっとばかり力が要ります。ラジオペンチ使った方がいいかも。

ゴムのブーツを取り付けます。

本体を取り付けます。奥まで刺さるところがあるので、押し込んでひねると取り付け完了です。ソケットの取り付け部分は、スペースの都合で樹脂製のカバーの外になります。

樹脂製のカバーを取り付けます。本当はこの前に点灯するかどうかの確認をしないといけません。信頼性が上がったと言っても結局は中華です。

左側もほぼ同じ。樹脂製のカバーが簡単に外れるのが一番の違いです。

夜になったのでどんなふうに点灯するか確認します。薄暮の状態ではこれ点いているの?という感じでしたが、暗くなってきたらだいぶ明るくなってきました。光の波長の関係でしょうか。

昔ながらのレンズのカットで配光を調整するタイプなので、どうしてもレンズ内で光が散ってしまいます。逆に言えば、対向車にとってはよくわかる存在になるでしょう。日が暮れてもヘッドライト転倒しない車多いですから。

【スーパーカブ】ヘッドライトの球がLEDになったよ

Amazonをおさんぽしていたら、見つけちゃいました。無極性のLEDヘッドライト。これは交流を使うカブのためにある物だと直感。速攻でポチりました。

たぶん中華だから、同じような物はみつかるはずです。

中華製はよくハイビームとロービームが逆になっていることがありますが、そんなことはありませんでした。

社外品のマルチリフレクターのヘッドライトにある頭の傘を少し押し込んだようですが、装着できました。

今のヘッドライト風でいい感じに点灯しています。自分の存在を知らせることがヘッドライトの役目となる日中専用ならこれで問題ありません。

ウインカーの色がレモン色になっていたので、アンバーのものを探していたらいい感じのものあったんだけど、日中に点灯しているかどうか分からない感じです。夜なら問題ないんでしょうけど、田舎はオバさんが煽ってくるんで、どちらに曲がるかの意思表示はしっかりしていないと怖いのです。

【スーパーカブ】ようやくできあがりました


約一年間ほったらかしになっていたスーパーカブ70にオイルクーラーとハイカムを組み込む作業が完了しました。やっぱり、単車をいじるにはそれなりの場所が必要ですね。今回、一軒家(?)を手に入れることができたので、いじる場所が出来ました。やったね。

オイルクーラーの取り付け具合はこんな感じ。左上のエアーホーンの取り付け位置はレッグシールドが上手く取り付けられないため、ちょっと考えます。エアーホーン、いいですよ。音がみ゛っ、み゛〜っ、からファーンに変わります。地域的に高齢者ドライバーの多いので、音で威圧しないとこちらの命に関わります。

ついでにヘッドライトをLEDに交換しました。エンジンを吹かせばちらつきもなくなります。さて、夜はどのようになるのかな。これまで光がヘッドライトのガラスで散って、全然前を照らさないこともありました。今度こそ!

外箱はこれです。中身は交換したハロゲンランプ(笑)。eBayで購入。

【Make:】カブに取り付ける部品で遊ぶ

雨の一日、これからカブに取り付ける部品で遊びます。

ヘッドライトとテールライト

ヘッドライトとテールライト、メーターランプ用のLEDを買って来ました。いつものようにeBayです。

テールライト

ちっちゃな袋にたくさん入っています。中国企業の合理性を感じることが出来ます。

テールライト

テールライトはポン付けです。ここに至るまで電球の規格を知らない出品者が間違えて異なる規格の電球を送ってきたのは内緒。もちろん返金処理して頂きました。eBayは不良品について基本的に返金処理というのが気楽でいいです。

メーターランプ

メーターランプは基板が大きいので、取り付けが出来ませんでしたw

コンデンサー交換

ヘッドライトはお決まりのコンデンサー交換です。「趣味の電子工作 再入門! なぜコンデンサーは最初に壊れるのか」によると、中国製のコンデンサーは日本製に比べて耐久性がないそうです。Amazonのバイク用LEDヘッドライトのレビューにコンデンサーが破裂するとありますが、走行中に破裂してはどうしようもありません。では、予防のために交換しましょう。

ドライバーユニットにもともと付いているコンデンサーは100v10μF。これを手持ちの50V10μFに交換します。バッテリーから直に電源を取れば耐圧50vで充分でしょう。

交換後

うまく配線を取り回して、コンデンサー交換完了。ケースはドライバーで爪を押してあげればスポンと外れます。

グルーガンの海

グルーガンの海に沈めます。

ケースには穴が開いています

コンデンサーが少し大きいので、ドライバーのふたに穴を開けてコンデンサーが収まるようにします。

正常に動作

ついでにUSB機器充電用のパーツもコンデンサーを交換。きちんと電圧も出ています。さて、どこに取り付けようか。