【空き家再生計画 】 2022/3/7 扉を埋めます

An old house renovation: Get rid of door.

まん中に移っている扉を埋めることにしました。どうもこの扉、ひしゃげた状態で付いているようで、扉の開閉が上手く行きません。扉は長方形ですが、枠が平行四辺形。これでちゃんと閉まるのが不思議なぐらいです。

この向こう側に押し入れを作ることにしましたので、丁度いい機会です。

えらく時間がかかりましたが、扉の埋め戻しが出来ました。反対側はこれからの作業です。これで耐震性も少しは上がったかな。真冬なのに工業用の扇風機が出しっぱなしとは。

反対側の様子です。

ただいま断熱材(スタイロフォーム)を埋め込んでいます。


ベニヤ板の値上げが痛いです。構造用合板厚さ12ミリ、1200円から1400円ぐらいだったのが2000円に。4枚買えたのが3枚しか買えません。しかし買わないと工事が進みません。

【空き家再生計画 】 2022/1/25 ペンキ塗り、そして電灯取り付け

An old house renovation: Painting and wireing.

まずはペンキ塗りから。臭いの少ない水性塗料を使います。今回は天井も塗ることから刷毛塗りです。ローラーは垂れてきたときの被害が大きいと判断したのです。

1回目。かなりムラがあります。ずべて原液のまま使っています。

2回目。まだ、ムらがあるなぁ。

3回目は写真撮るのを忘れた、と言うよりも手袋外さないと撮れなかったので、省略。

実はこのとき、色を変えました。理由は倍の量入ったペンキが3割増しぐらいの値段だったのと、一回目に塗った色は大きい缶がなかったから(笑)

4回目。やはり白とかクリーム色は乗りが悪いですね。予想以上に使ったなぁと言うのが印象。安っぽい公営の住宅のようになりましたが、クロスを貼る手間が要らないのは嬉しいです。

天井が斜めなので、壁にライトを取り付けました。もちろん壁面の取り付けに対応したタイプです。天井に光が反射して、部屋全体が明るくなりました。

玄関にも一灯。センサーライトを試してみましたが、どうやらライトの傘が悪さをしているようで、上手く動作しません。


よく「この器具の取り付け工事には資格を持った人間が必要です」とあります。そんなときはサクッと工事が出来る資格−電気工事士−を取ってしまいましょう。好きなときに作業できますし、実技試験もあるから道具の使い方も慣れます。そして試験の時に使った工具はそのまま作業に使えます(お得)。資格が取れれば後必要になる道具は絶縁抵抗計(電気会社の人にちゃんと測っとけと言われた)があれば充分では無いでしょうか。

【空き家再生計画 】 2022/1/23 レーザー墨出し器買いました

An old house renovation:

Amazonで中華製が約4000円。これ一個あれば微妙に傾いている家で垂直、水平が簡単に出せるとばかり、セールの時にポチっとな。

早速道具を引っかける棒を取り付けました。材料はステンレスパイプと、パイプを受ける金具です。

手元にあったカメラ用の三脚と一脚を組み合わせて、簡単にセットアップ。三脚だけだと高さの調整に幅がないので、一脚はあった方がベター。

いろいろ使ってみましょう。

コンセントの垂直を出したり(埋め込み取り付け枠に合わせる),

壁に蛍光灯を取り付ける時、平行をチェックするために使ったり。結構便利な道具です。DIYする人はひとつ持っていると便利かも。

プロ用はウン万円もしますが、アマチュアですから、これで充分です。

【空き家再生計画 】 2022/1/1 ちょっと前の話

An old house renovation

家庭菜園、手をかけている時間がないので、暫くお休みします。ただ放置しておくのももったいないので、緑肥としてライ麦を蒔きました。

すくすくと育っています。

土も少しふかふかしてきましたが、まだまだかなぁと思うところもあるので、本格的に作業するまで放置に近い形にします。

床にスタイロフォームを張り込む作業が終わりました。捨板をコーススレッドで止めたら、しっかりとした床になりそうな予感。そして、足下が冷えないんですよね。手間も時間もお金もかかりましたが、やって良かった作業です。さて、これから壁にスタイロフォームを埋め込むことにしましょう。

偶然にも、もと床板の厚さと、捨て板のベニヤ板の厚さが同じだったのは幸い。

壁には20ミリ厚のスタイロフォームを使います。床下には35ミリでしたが、15ミリ違うだけでカッターで切るときの感覚が全く違います。20ミリは楽だし、一発で切り出すこともできます。

ただひとつ困ったことがありまして、スタイロフォームを押し込んだときのストッパーの役目を果たすWZピンというのがありますが、20ミリのモノが近所のホームセンターで手に入らない上に、通販だと結構高価。ここに送料が加われば・・・

【空き家再生計画 】 2021/12/31 スタイロフォームを貼り終えたので、ベニヤ板を貼る

An old house renovation

スタイロフォームを貼り終えましたので、ベニヤ板を貼っていきます。所々に見える黒いのは隙間風防止用のテープ。素人工務店だからどうしても隙間は出来ます。それをお金と手間でカバーしてしまおうという魂胆です。

ベニヤ板にした理由は、石膏ボードだと加工して出来た半端は産業廃棄物でしか処分できません。ベニヤ板でしたら可燃ゴミに入れられます。今回選んだのはOSB合板。選んだ理由は特にありませんが、細字のマジックでなにか書いても分かりづらいのがいいです。つまり、黒のマジックで罫書きをしてもすぐに模様かどうか見分けが付かなくなってしまいます。

多少きついところは当て木とプラハンマーで叩きこみます。かなり派手に叩いても、OSB合板は変形したりする事なく入っていきます。頑丈です。

もちろん電動丸のこを使って着るのですが、普通のベニヤ板よりおがくずの量がかなり多いように感じます。


OSB合板にホールソーで穴を開けるときのコツ。

Φ3ぐらいの下穴を開ける。開けた方が位置を決めやすい。

続いて、ホールソーで穴を開けます。まん中のドリルが貫通して、外側のドリルに穴を開け始めるときにものすごい反力がかかりますので、ドリル本体をしっかり持ちましょう。

穴は途中まで開ければ良いです。

そして、板をひっくり返して開いている穴にホールソーを突っ込んで動かせば、バリもなく綺麗な穴を開けることが出来ます。

【空き家再生計画 】 2021/11/29 床下にスタイロフォーム

An old house renovation:

床を切り込み、断熱材としてスタイロフォームを入れました。

プロも使うホームセンターでちょくちょく見かける、あれです。少しでも光熱費を下げたいのと、少し床が浮いていたので、その補修も兼ねての作業です。

床のくりぬきですが、電動丸のこの刃の高さを張ってあるベニヤ板の厚さと同じ高さにセットしてくりぬきました。このとき、水平・垂直は合っていると思って作業していましたが、実はこの部屋、基礎はなんと平行四辺形!

マジでプロの作業かと思いましたが、平行四辺形の床を矯正する柱や壁を設けて長方形にする力業が凄いです。これがプロの仕事か!

だから元々のフローリングの模様を手がかりに作業をしていたら、大変な目に遭いました。

スタイロフォームの切り方は、大きいカッターナイフで、手前に引きながら切る。です。横へ(左から右、右から左)だと、どうしても切り口が傾きがちになります。寸法は原寸あわせで。微妙に根太と根太の間の寸法が違っていたりするんですよね。今回も数ミリ単位での違いがありました。

スタイロフォームを押し込むときは、スタイロフォームに当て木を当ててプラスチックハンマーで叩くと上手く行きます。端っこが根太から上に出てしまった時は、カッターでそぎ落とします。多少かけても気にしない。どうしても断面は斜めとか山型になるのよ。人間だもの。

捨て板(12ミリ厚のベニヤ板)の裏面と断面には防蟻塗料を塗っておきました。この地域、シロアリ多いんだって工務店の大将から効きました。しっかり対策しておきましょう。

【空き家再生計画 】 2021/11/16 電気が引けた

An old house renovation: I got the power。

購入してから一年半、ようやく電気を引きました。

真っ先に接続したのは、もちろん冷蔵庫。これで冷えた飲み物が飲めます。これまではクーラーボックスに保冷剤を入れて持ち込んでいました。夏場はかなり大きなクーラーボックスを使っていましたが、それでも夕方には冷えなくなりました。

こんなちっちゃな冷蔵庫ですが、やはり作業で熱くなった身体を冷やすためにはどうしても冷たい飲み物(ビール)は必須です。

もともと太陽光発電で動かそうとしていたのですが、発電能力が足らないため、半日でバッテリーが干上がってしまいました。しかも真夏の日中!

そしてバッテリー式でない電動工具も使えるようになりました。電動ドリルドライバーに取り付けるドリルのアタッチメントがあるので使っていましたが、すぐに緩みます。できるだけアタッチメントは介さないようがよいです。

あと600wのインバーターでも出力不足で、少しハードな作業をするとインバーターの安全装置が働いて動かなくなった工具も普通に使えます。これは嬉しい。

電気が来たのと引き換えに、充電式のドリルドライバー、モーターが焼けてやばい状態。買い換えないと。充電式は充電式で、コードという名のしっぽがないから使うのが楽なんだよね。

【空き家再生計画 】 2021/11/14 木を植えました

An old house renovation: tree-planting

レッドスター、巷で赤星と呼ばれるサッポロラガービールが好きだから、だからでしょうね(酔)。居酒屋で最初に飲むのは生ビール、これはどこでもいいの。夏場はガス圧高めのスーパードライがよろしい。空になったら瓶ビール、あるのならキリンラガービール飲んで苦さに酔いしれるんだが、サッポロラガーがあれば当然これっ!

庭の空いた区画、何を植えようと考えていたら、スーパーに売っていました。ここであったが百年目。拉致して定植です。もうスーパーの売り場には返さないぜ。

閑話休題。

あまり大きい声では言えないけど、税込み218円の木を植えるために、2100円(税込)かけて土を買って来たのはここだけの話。


赤玉土にえひめAiぶっ込んどきました。

Amazonでかったインジェクターとホームセンターで買って来た水道ホースを組み合わせ、えひめAiとか木酢液を土の中に流し込む道具を作りました。ワンタッチ式のジョイントで、つけ外し楽ちんです。

材料

  • アマゾンで売っていたインジェクター
  • インジェクターの雄ネジに合う雌ネジの塩ビパイプソケット
  • 塩ビパイプ1メートル

作り方

  • 塩ビパイプの先をバーナーであぶり、やわらかくしてからつぶします。適当な木に挟んでつぶすと良いぞ。指でつぶさないでね(やけどしても知らん)。
  • 塩ビパイプとソケットを接着剤で付ける。塩ビパイプのつぶした向きとインジェクターに取り付けた養液を吸い上げるホースの位置は90度にしました。前から見て、塩ビパイプのつぶした向きが水平なら、真下(真上でも良いが…)の向きになります。
  • インジェクターの吸い上げ口にホースを取り付けて、タイラップで締め上げて出来上がり。

効用

水圧で穴を掘りながら、土の中にもえひめAiをぶち込むことが出来ます。酵母菌や納豆菌がコガネムシの幼虫に効いてくれると嬉しいな。


えひめAiとかのお話は、また次の機会に。

【空き家再生計画 】 2021/11/13 草刈り機使ってみた

An old house renovation: Powerd lawn mower

電動vsエンジン

近所のおっちゃんがエンジン式の草刈り機を貸してくれましたので、電動(バッテリー式)とエンジンの違いを。

電動はマキタのMUR369UDZ 、18ボルトバッテリー2つ使うタイプ。エンジン式はリョービの製品。たぶん、セミプロの農家を対象にしたモノでしょう。

電動の◎

起動はスイッチを操作するだけ。安全のために2つのスイッチを操作する必要があります 。

スタートからすぐにパワー全開。これが電動の魅力。

やろうと思えば太陽光発電と組み合わせてゼロエミッションもできる。実際にやっていますが、充分実用になります。

バッテリーを他の工具と共用できるようにすれば、シーズンオフもバッテリーは大活躍。同じバッテリーを使いまわせる照明や扇風機はあると非常時に役立つかも。するとマキタとハイコーキ、2社のうちから選ぶことになりそうです。

モーターの特性として、負荷をかけすぎても回ろうとします。だからモーターを焼いてだめにしないように安全装置が付いています。

逆回転できます。回転する刃と飛散防止用のガイドに挟まった草木を取る機能ですが、電源切って手で取った方が早いです。

電動の✕

駆動時間が短い。だいたいエンジン式の1/2。ただし夏場はこの短さが熱中症から身体を守ってくれる。

バッテリーは各社、そして電圧で仕様が異なる。だからバッテリーで動く工具をひとつ買うと、自然と他の工具も同じメーカーになる。

純正バッテリーが意外に高い。互換バッテリーという手段もありますが、これは使われる人の判断でどうぞ。

エンジンの◎

自分で混合油を調製するなら、2ストオイルを混合する前のガソリンは車に入れても大丈夫。

軽い。持ってみると確かに軽いんだけど、肩にかけるとそれほど重さの違いは感じません。

長い時間使える。気分的に電動の倍以上。ただし夏場は駆動時間の長さが徒となり、熱中症になる恐れが大いにあります。プロの職人は暑熱馴化してるからまだ大丈夫ですが、日中クーラーの効いた室内にいる素人では危険です。

エンジンの✕

うるさいのに加え、振動が激しい。ヘルニア持ちのおいらにはかなり不快です。

2ストなので排ガスが臭い(少なくともいい香りではない)。

負荷をかけすぎるとエンストします。埋まった石やブロックに刃が食い込んでエンジンが止まると、またエンジン起動の儀式が待ってます。

パワーが出るまで、つまりエンジンが暖まるまでしばらく時間がかかる。エンジンの動きを車のようにコンピューターで制御していないからなおさらかもしれません。もし4ストロークでインジェクション(電子制御燃料噴射装置)付きの草刈り機をホンダとかヤマハなどの原付バイクメーカーが出していたら、バイクと部品を共通にしても5〜6万円するんでしょうね(もっと高い?)。

ガソリンスタンドが減っている。石油元売りの統合と消防法の規制強化がその理由。

ホームセンターで予めオイルを混合した燃料が売っているけど、25:1と50:1が両方使えるって、なんか不思議。間違いない25:1には薄く、50:1には濃い割合になっているはず。なんかエンジンにやさしくなさそう。。

ガソリンは腐ります。

まとめ

まぁ、正直どっちでもなんだけど、使う頻度が低いとか、すでにバッテリー式の電動工具を持っていて、そのバッテリーが草刈り機にも使えるものなら絶対に持っている工具と同じメーカーの電動式です。