【空き家再生計画 】 2022/1/23 レーザー墨出し器買いました

An old house renovation:

Amazonで中華製が約4000円。これ一個あれば微妙に傾いている家で垂直、水平が簡単に出せるとばかり、セールの時にポチっとな。

早速道具を引っかける棒を取り付けました。材料はステンレスパイプと、パイプを受ける金具です。

手元にあったカメラ用の三脚と一脚を組み合わせて、簡単にセットアップ。三脚だけだと高さの調整に幅がないので、一脚はあった方がベター。

いろいろ使ってみましょう。

コンセントの垂直を出したり(埋め込み取り付け枠に合わせる),

壁に蛍光灯を取り付ける時、平行をチェックするために使ったり。結構便利な道具です。DIYする人はひとつ持っていると便利かも。

プロ用はウン万円もしますが、アマチュアですから、これで充分です。

【スーパーカブ】ウインカーのLEDを替えました

カブのウインカー、LEDにしたのはいいけれど、色がレモン色。オレンジじゃない。どうも気に入らない。

もしカブに車検があったら間違いなく通らないので、車検対応っぽくします。

球そのものはeBayでポチっておきます。今回、5つのうち1つハズレがありました。だから中華製LEDは余裕を持って買いましょう。今回、10個入りのものを買っています。4つ点灯すればよいじゃんね。

点灯の儀。取り付けて点灯しなければ180度回して取り付ければ点灯するはずです。点灯しなかったら、ハズレなので諦めてください。

だって、中華製だから。

新型コロナウイルスのワクチンで中華製が出回っているようですが、中華製の品質を体験すると、使う気にはなれません。だからAmazonのレビューでよく爆発するらしい部品、そう、一番信用出来ない中華コンデンサーは国産のものに交換してから使ってます。

レモンイエローからオレンジになりました。これで枯れ葉マークを付けずに運転する人生の大先達たちから自分の身を守れるようになりました。カブでオカマ掘られたら痛いのは自分。

なぜだか分かりませんが、電圧が低い状態だと暗いながらも左右両方のウインカーが点灯してしまいます。つまり、ハザード状態。ICウインカーリレーにかかる電圧が低いと上手く動作しないのでしょうか。原因は分かっていますので、近いうちに対処します。

【スバルサンバー】テールライトのLED化

成人式を迎えた車(だけどアルコールでは走らない)ですので、あちこち弱っているのは確かです、ショックアブゾーバーはスッカスカに抜けてしまい、路面からの衝撃を吸収するのはサスペンションのバネだけ。舗装した道路の穴にはまると、ホッピングのようにびょんびょん跳ねて跳ねるのです。走ればギシギシあおりがきしみます。

軽トラは荷物乗せてちゃんと走ればいいんです。

当然、車が走るために必要な電気を作るオルタネーターも劣化しています。しかし交換なんて出来ません。では消費電力を抑えましょう。一番手っ取り早いのが電球からLEDに取り替えること。古い車が故に、交換しても大したトラブル無いんだよね。

eBayでポチった中華LEDを取り付けます。右側のまん中、赤色なのが(日本国内では)テールランプ用の証。

ねじ4本を外すだけ、ドライバー1本で簡単取り付け。右側にウインカー用のLEDが見えます。

取り付け完了。いい感じ。

安直に白色LEDを取り付けるのもいいですけど、ストップランプ/テールランプに赤色のLED、ウインカーに黄色のLEDを付けると自然な感じでいいですよ。

【スーパーカブ】ヘッドライトの球がLEDになったよ

Amazonをおさんぽしていたら、見つけちゃいました。無極性のLEDヘッドライト。これは交流を使うカブのためにある物だと直感。速攻でポチりました。

たぶん中華だから、同じような物はみつかるはずです。

中華製はよくハイビームとロービームが逆になっていることがありますが、そんなことはありませんでした。

社外品のマルチリフレクターのヘッドライトにある頭の傘を少し押し込んだようですが、装着できました。

今のヘッドライト風でいい感じに点灯しています。自分の存在を知らせることがヘッドライトの役目となる日中専用ならこれで問題ありません。

ウインカーの色がレモン色になっていたので、アンバーのものを探していたらいい感じのものあったんだけど、日中に点灯しているかどうか分からない感じです。夜なら問題ないんでしょうけど、田舎はオバさんが煽ってくるんで、どちらに曲がるかの意思表示はしっかりしていないと怖いのです。

【スバルサンバー】ウインカーと車幅灯のLED化

まずはウインカーリレーをLED対応の物に交換します。

こともあろうにスーパーカブから外してきました。カブで動作していたから、間違いなく動作します。もちろんカブの方には新品のLED対応のリレーを奢ります。本来カブは2ピンなんですが、Eの表記がある端子をボディアースすれば正常に動作します。

証拠写真(笑)

手で持っている方が新しくカブに取り付けるリレーです。付いている方がサンバーに取り付ける部品です。

マニュアル車なので、ハンドルの斜め左下に小物入れがあります。ここを後ろから押します。

凄く分かりづらいところにリレーがあります。ソケットを外すのが難しかったので、リレーごと外します。

10ミリのギアレンチを使いました。ドライバーを差し込んでも良かったかも。

外れました。

迷ったあげく、リレーはハーネスにタイラップで固定しました。元のリレーは元の位置に戻しました。

ウインカーのランプはBA15SとかG18とか言う奴です。eBayでたくさん購入した物です。中華製のLEDは経験上1割ぐらい不良品が混じっているので、余分に買っておいたのです。スーパーカブカスタム用のウインカーの球でもあります(スタンダードとかデラックスの丸目はT10。年式によって違うかも)。

前のウインカーはねじ1本で止まっています。内側にネジのカバーのになっているガイドがあって、そこにしっかりハマってます。無理せず揺すりながら外します。取り付けるときもガイドに合わせてはめ込めば楽ちん。

外れました。まん中にあるハーネスを固定するねじを緩めてカプラーをいったん外さないと、電球のマウントを外すことが出来ません。

電球のマウントは回すと外れるよ。取り付けるときは爪の位置を合わせてね。

ポジションはT10

T10は極性があるので、本体に取り付ける前にスモールランプをオンにして点灯を確認します。電気が付かなかったら、180度回して取り付けると、大概は点灯します。そうでなければ不良品。笑ってゴミ箱へ捨てましょう。

リアのウインカーには蜘蛛が巣を作っていました。こちらはウインカーの上下にあるねじを2本外せばレンズが撮れてくれます。テールランプ上下のねじを外す必要はありませんでした。

左がウインカー、まん中がバップランプ、右がウインカーとナンバー等に使ったLEDランプです。ウインカー、ナンバー灯、バックランプもソケットの形状は同じっぽいです。交換したけど不点灯。スイッチの不良か、それともバックランプ取り付け座の錆による接触不良か。

これでウインカーがキレッキレに点滅します。多少でもバッテリーに優しくなったかな。

【スーパーカブ】レッグシールドにカゴを取り付けました

もともともう一台のカブ70に付いていたカゴ、レッグシールドがボロボロなので、カゴだけ取り外してカブ90に取り付けました。

まずレッグシールドを固定するボルトに取り付け、位置を合わせて穴を空ける位置をマジックでマーキングして、裏からドリルで穴を空けました。

これで積載量アップ。体重を減らせば更にアップ!(希望)

まん中に着いているのは、USBで充電するための部品。eBayで買った憶えがあります。スイッチがあるのでバッテリーから直接に電源を取って、タイラップで配線を固定しています。スイッチが入っているときはランプが付きますが、カバーをかぶせているとランプが見えない謎仕様。パーツにはないヒューズを取り付けて、出来上がり。念のためにヒューズは付けました。

レッグシールドが取り外しできるよう、車体とレッグシールドの間にはソケットが付いていたのでうまく活用します。

バッテリーが上がってもカブならキックスターターもあるし、車体が軽いので押しがけも出来るから、これでいいでしょう。

【スーパーカブ】純正CDIと中華CDIの違い

純正と言ってもMade in China。比べてみましょう。

純正品。パッケージにMade in Chinaとあります。

上、Shindengenと書かれているものが純正品。名前無しの中華も大きさはほとんど変わりません。

右が純正品です。樹脂ポッティング(枠以外の黒い部分)の厚さが絶対的に違います。たぶん、コンデンサーの大きさなのかも。中国製のコンデンサーはイマイチ信用出来ないので、純正品は日本製のコンデンサーをわざわざ輸入してつくっているのかもしれません。

20年以上経っているので、中華製に替えましたが、長く乗ることを考え純正の新品に交換します。

【スーパーカブ】LEDヘッドライト

eBayでポチりました。P15D(PH7)のLEDヘッドライトです。
Honda cubで検索するといろいろパーツが出てきます。

英単語の綴りがBIRGITと間違っているのは、そのうちChiniese Englishと言うことで正当性を主張するんでしょうね。何時取り付ける全く考えていないんだけど、無駄なお買い物も楽しいです。

c70の方は直流化しているので、ポン付け。交流のままだと取り付けは困難でしょう。

【Make:】赤外線リモコン到着

中華製の赤外線リモコンが届きました。いつものようにeBayで購入

まん中上に写っているLEDは何物か分かりません。リモコンにはすでに赤外線LEDセットされているし・・・

こういうドッキリがあるから、中華製品は楽しいのです。

【追記】

勝手な想像ですが、右と左の赤外線リモコン、どちらも同じ基板を使っていると思っています。左の1,3,7,9のボタンが右のリモコンでないだけなのかも知れません。(後日確認します)